• 2代目花野果

サバイバル🍖

カフェをオープンして3ヶ月半、ようやく1週間のリズムが整ってきました。


カフェのオープン当初は、平日の月〜木曜日にかんころ餅やかりんとうを作り、金土日曜日にカフェをオープンしていたので、休みが全くなくなり、体だけでなく心もヘ

看板息子のリキにとっても、毎週日曜日に工房の事務所で宿題をしたり、1人でテレビを見たりして過ごすというのは苦痛だったと思います(すぐに飽きてお店をウロウロするので、私たちも仕事に集中できない😭)。


このままではカフェを続けられなくなる…。4月からは畑作業も始まるし…。


大切なのは、細くても長くお店を続けることだ。

2人で話し合い、思い切って日曜日をお休みにし、金曜と土曜の2日間は全力でお店を開けようということに決めました。


日曜日は仕事はなるべくしない。

体を動かして、太陽の光をいっぱい浴びる。

リキとの時間を大切にする。


そんなことをふんわり決めて、畑に行ったり、野菜を育てたり、たくさん歩いたりして、また明日から頑張るぞーと、新しい1週間をスタートしています。


最近リキさんが、サバイバルに興味を持ち始めました。あばれる君が好きで、無人島から脱出する番組を飽きずに繰り返し観ていて、ついにイカダを作って無人島に行きたいとか、火起こしをしたい!と言いだしました。


上五島には無人島がいっぱいあるし、海も山も川もあります。よし、まずは火起こしにチャレンジしてみよう!ということで、家から車で15分ほどのところにある綺麗な川にやってきました。

もちろん、私たち3人以外は誰もいません笑


着いて早々に、大きな石を集めてカマドを作りました。落ち葉や枝をたくさん集めて、持ってきた新聞を丸めて、虫眼鏡で光を集めて火起こしスタート。

すぐに煙が上がって、リキさん大興奮!!


すぐにパチパチと音を立てて火が上がりました。私もびっくり!


空き缶に川の水を入れてお湯を沸かし、カマドのうえでウインナーを焼きました。


ちゃんとお湯が沸き、コーヒーとカップ麺に。自然の中で飲むコーヒーは最高!



バケツに水を汲んで、ミニトマトを冷やしたり、魚を捕まえようと網を仕掛けたり、リキさん張り切ってました。

お箸がなくても、木の枝でラーメンをすするリキさん。川の水を飲んでみたり、野いちごを食べたり、あばれる君の影響でなんだかたくましくなってました。



火おこしが成功したので、次は花野果のかんころ餅を持っていって、そのまま焼いたり、ピザに乗っけたりしてみたいなと思いました。きっと、自然に囲まれて食べるかんころ餅は美味しいだろうなぁ。


いつかイカダを作って無人島に渡れたら、またご報告したいと思います(^^)


40回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示